美しい装いのために

袴をレンタルするあなたに - 袴上手専科

袴レンタル館 > 袴上手専科 > 美しい装いのために

あなたらしく、美しく装う 美しい装いのために

着付けの基本ルールを守りながら、自分らしい個性を表現する
あなたならではの装いを楽しみましょう。

着付けの仕方

着付けに必要なもの

着付けに必要なものがありますので用意しましょう。
肌着、襦袢(じゅばん)は半襟を付けて、衿芯(えりしん)、すそよけ(草履の場合)腰ひも(3~4本)、伊達(だて)締め(2本)、帯板、あれば伊達衿、体形補正の中タオル(1~2本)・ハンドタオル1枚を準備しましょう。
刺繍衿も良いかもしれません。ブーツまたは草履などが必要です。
帯は半幅帯(浴衣のときの帯)を使います。半幅帯は見えるように使いますので、袴と着物に合う色のものを用意しましょう。

  • 肌着
  • 襦袢
  • 半襟
  • 腰紐
  • 伊達締め
  • 帯板
  • タオル

個性をきわだてる髪飾りや小物、メイク

袴や着物に合わせた髪飾りとネイルアート

振袖に袴の場合、髪飾りやバックもアクセサリーも大切な演出の小物です。着物や袴の色、履物とのコーディネーションが大切になりますので、スタイリストさんのアドバイスをいただきましょう。
髪飾りも個性のポイントです。花や蝶の飾りも花の種類や色、大きさと多様ですので、コーディネーションを考えましょう。

美人に撮られる! 卒フォト講座