補正と着付け

袴レンタル館

大人の着物を補正して着付けよう。補正と着付け 大人の着物を補正して着付けよう。補正と着付け

子供の着物を着るのには、補正(肩上げ)する必要があります。
補正はご家庭で簡単に出来ます。

補正(肩上げ)の仕方

1肩上げ寸法を割り出す

まず、着物の後ろ中心から袖口までの(A)を測る(裄)。
次に、お子様の首の後ろの中心から、手首のくるぶし(手首の骨が出っ張っているところ)までの長さ(B)を測る。
(A)から(B)を引いたものが肩上げ寸法(C)である。

肩上げの仕方の図。寸法の割り出し方

2 肩上げする場所(上げ山)の位置を決める

着物の肩幅の半分の位置を肩上げする場所(上げ山)にする。
上げ山に沿ってあとでつまんで折る。前と後ろでとり方が違う。

後ろ 袖の付いているところ(袖付止まり)の2cm上の高さまでまっすぐとる。
肩上げの仕方の図。肩上げする場所(上げ山)の位置の決め方(後ろ)。
前 袖の付いているところ(袖付け止まり)の2cm上から、さらに袖側に1cmずらして斜めにとる。
肩上げの仕方の図。肩上げする場所(上げ山)の位置(前)。

3 肩上げ寸法の半分をつまむ

2できめた上げ山から、左右均等にそれぞれ肩上げ寸法(C)の半分ずつをつまみ、待ち針で固定する。このとき後ろは下の方で、それぞれ(C)の半分より1cm少なくする。

  • 肩上げ寸法を割り出す図解。
  • 肩上げ寸法を割り出す図解。

4 上げ山を倒して縫う

上げ山をそれぞれ袖側に倒し、二目落としで縫う。

  • 縫い方

    縫い糸二本取りで二目落とし
    二目落としは、表側が細かい目で目立たなくなる縫い方。
  • 二目落としの縫い方
  • 二目落としで縫う方法
  • 二目落としで縫う方法

着物の肩上げ、完成!! 二目落としで縫う方法

着付けの仕方

初めての方も一目でわかる!着付けの仕方を動画でご紹介しています。
着付けの時はぜひ参考にしてみてください!

動画で見る無料着付け教室

※Youtubeページへ飛びます