着崩れしてきたとき

袴をレンタルするあなたに - 袴上手専科

袴レンタル館 > 袴上手専科 > 着崩れしてきたとき

ずっと清楚でいるために 着崩れしてきたとき

袴や着物は時間が経つとどうしても着崩れしがちです。
着崩れしたときの対処を知っておけば、美しい着物姿をキープできます。

袴が下がってくるとき

袴が下がってくるとき

帯が下がっている可能性が高いので、帯ごと上に持ち上げてみましょう。
ウエストに巻いた補正用のタオルの上に帯がしっかり乗るようにしましょう。
着付けの時にウエストのくびれをしっかりタオルで補正しましょう。

帯が下がってくるとき

帯が下がってくるとき

背中を丸めたり、体をねじるような動作で帯が緩みますので、背中を丸めないように気をつけましょう。
前屈みになるときは、身体を斜めにしてしゃがむようにしましょう。
帯が下がったときは、袴の横の空いているところから手を入れて、帯の下にたたんだハンカチやティッシュを入れてウエスト周りを補正しましょう。

袴の後ろが下がってくるとき

袴の後ろが下がってくるとき

椅子に深く座ると引っ張られて背中のひもの部分が落ちやすいので、背もたれにもたれないようにしたほうが良いでしょう。
帯の上に載せ直して前で結ぶ太いひもを結び直してみましょう。

衿がたるんだとき

衿がたるんだとき

着物の下前(右肩側)の衿を胸ひもの中に入れ込み、上前(左肩側)の衿も同じように胸ひもの中に入れこんで直しまししょう。
衿の脇に右手を入れ、着物の下前をつまみ下にひっぱります。
同じように上前をひっぱると衿がきれいに整います。