着付けの仕方

袴レンタル館

袴レンタル館 > 着付けの仕方
卒業袴の着付けの仕方

前撮りの時は気持ちにも時間にも余裕が有りますが、卒業式当日はあわててしまいがちです。
着慣れない袴ですので時間に余裕をもって着付けてもらいましょう。

着付け1

着物の背縫いの線が背中心になるようにする。
この時、着物と長襦袢の背縫いの線を合わせてクリップ等で留めるとずれにくいようです。
衿幅を下へ行く程広げながら、ウエストあたりで内側に折る幅が2~3cmくらいになるように折り、伊達衿を添わせ伊達衿が0.5cmくらい見えるようにして衿合わせをする。

着物と長襦袢の背縫いの線を合わせる
着付け2

半衿の交点と、着物の衿の交点が顔の中心線の下にきちんと揃え半衿の出方も確かめ胸元にしわがないようにする。
紐や伊達締めをした時に背縫いの線を真ん中にして、しわは両脇にのばします。

胸元にしわがないように両脇にのばす
着付け3

帯は手先として60cmくらい取ったところを背中心においてから巻いていく。
二巻きしたら写真のように短い方が上になるように背中心でしっかり結ぶ。

帯が短い方を上にしてむすぶ
着付け4

結び目から先の部分を半分の幅に折る。 長い方を20cmくらい(袴の後ろから帯が覗かないように気をつけます)に畳んでその中央を結び目におき、手先を上からかぶせ結び目の下を通して上へ引き抜き写真のようにさらに上からかぶせて手先の残りを帯の中へ押し込む。

手先を上からかぶせ、残りを帯の中へ押し込む。
着付け5

袴の紐は写真のように帯結びの上を通って帯結び中央でクロスさせ帯結びの下から前へ回す。 両脇から前へ回ってきた前紐は再び背中側に回し、しっかり蝶々結びをして紐の端が垂れないように挟み込む。これをすることで袴が下にズレ落ちるのをふせぎます。

袴の紐はしっかり蝶々結びする
着付け6

袴を帯の上にのせて背中に添わせるようにします。 袴の後ろ紐は前紐の上から体の左側(右側)に結び目がくるように向かって右側の紐を上にして重ねる。

袴の後ろ紐は向かって右側の紐を上にして重ねる。
着付け7

下になっている紐を上から前紐の下を通して引き抜く。 しっかりと締めもう一方の紐を結び目際から左側へ折り、その上で下になっている紐をもう一度前紐の下を通して引き締めると写真のようになる。紐は、なるべく広げた状態で結ぶと出来上がりも美しくしあがります。

もう一方の紐を結び目際から左側へ折り、下になっている紐をもう一度前紐の下を通す
蝶々結びをして、一方の紐の端を結び目の下から上へ引き抜き結び目を隠すようにすれば完成です。